口悦士ワークショップ 「土器を作る」

2016年 2月 6日(土) ~ 7日(土) , 11日(木)

 

種子島や沖縄には数多く土器が残っています。

限られた資源の中、どのようにして器を作ったのか。

野口悦士さんを講師に迎え、土器作りを体験しました。

 

土は種子島の山から取れたものを使用し、手びねりで作品作りをしました。

 

素焼きにはドラム缶を使用。

杉工場内に落ちていたトタンやブロックを土台に、ワラや籾殻、端材など自然のものを燃料にしました。

 

 

-- 野口悦士 profile --

 

1975年埼玉県生まれ。

 陶芸家・中里隆氏の作品に憧れて陶芸を志し、99年に鹿児島県の種子島へ。

 中里氏に師事しつつ作陶を続け、2007年には氏と二人展も開催。

また同年よりアンダーソンランチアートセンター(アメリカ・コロラド州)にて、09年には花の木窯(岐阜県土岐市)でも制作。

 個展等を中心に活動中。

 

© SUGIKOUJOU Co., Ltd. All Rights Reserved.